LVR手術だと今後出産できないのでしょうか?(30歳)

ご相談内容

LVR手術だと今後出産できないのでしょうか?即効性と確実に膣をしめたいです。

みつゆきみどりの回答

LVR手術は膣の前側、後ろ側を根本的に狭くする手術ですが、奥までしっかり手術をするとダウンタイムが2か月程度ありますので、即効性というよりはダウンタイムが長くなります。 またまだお若いので、今後出産の可能性を考えるとあまりお勧めできる手術ではありません。 即効性と確実性を期待する場合、即効性(ヒアルロン酸などの注射)と確実性(レーザーや超音波などのマシン)の組み合わせを行うことで、ダウンタイムも短く効果が感じやすいかもしれません。 いずれも治療も膣内の状態によりどの方法が向いているかは異なってきますので事前に診察が必要となります。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については 現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

関連する施術

膣縮小の施術について

膣内は、子宮へとつながっていて外陰部へ開口しています。
膣は、月経の際に血が出る部分で出産の際に赤ちゃんが通る道です。
生まれつき膣の緩みが気になっている女性も少なくありません。
レーザーや注射による膣の引き締め手術を行って膣の収縮を行うことが出来ます。

>詳しくはこちら

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

  |  

;