51歳で閉経しましたが、膣の乾燥がひどくなり、3年ほど前婦人科でホルモン剤をいただき1年ほど飲用しましたが、癌を誘発すると聞き今は飲んでいません。(56歳)

ご相談内容

51歳で閉経しましたが、そのころから段々と膣の乾燥がひどくなり、3年ほど前婦人科でホルモン剤をいただき1年ほど飲用しましたが、ホルモン剤は癌を誘発すると聞き今はお薬を飲んでいません。そのせいか、排尿後にトイレットペーパーでし拭くだけでもヒリヒリするので、困っています。また婦人科に行こうかと思いながら色々調べていて、こちらのサイトを見つけました。レーザーとかのようですが、どういう治療なのでしょうか?何度か通うのでしょうか?または何か月おきに受けるのでしょうか?私の様な症状の方もお見えですか?予後はどうなるのでしょうか?色々不安なので、宜しくお願いいたします。

みつゆきみどりの回答

膣の乾燥が気になるとのことですね。内服によるホルモン治療の副作用が心配でお薬を辞められたとのことですが、膣の乾燥がひどくひりつく場合にはホルモンの膣剤で症状がやわらぎます。内服と比べて、気になる部分に局所できくために副作用のリスクが少なく済みます。婦人科で相談してみてください。それでもホルモンに抵抗があったり、症状がなかなか良くならない場合には膣粘膜のコラーゲンを増やすレーザー治療があります。60代、70代の方で通われていらっしゃる方もいます。早い方ですと1回の治療後1~2か月程度で効果を実感されますがはじめは効果を安定させるために2か月おきに数回の治療その後は症状を見ながらメンテナンスをしていくようになります。癌の心配もありませんのでご希望があればご予約お待ちしております。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については 現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

関連する施術

膣縮小の施術について

膣内は、子宮へとつながっていて外陰部へ開口しています。
膣は、月経の際に血が出る部分で出産の際に赤ちゃんが通る道です。
生まれつき膣の緩みが気になっている女性も少なくありません。
レーザーや注射による膣の引き締め手術を行って膣の収縮を行うことが出来ます。

>詳しくはこちら

関連するよくある質問


カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

  |  

お悩み相談
カンセリング予約

お悩み検索

メディア掲載
院長ブログ
みどり美容クリニック オフィシャルサイト
みつゆきみどりによる膣縮小・デリケートゾーン治療機器を徹底解説<
;