陰部に違和感のある状態が続いています。(38歳)

ご相談内容

私は常に陰部に違和感のある状態が続いており、日常生活に支障をきたしています。
具体的には、大陰唇のたるみ、クリトリスの皮が伸びたうえに剥き出の状態になっています。なので常に感度が高くなってしまっている状態です。
このような状況を改善する為に、DLV手術というのをしたいと思っているのですが、この手術は、大陰唇に張りをもたせたり、クリトリスの皮を再生させ、感度を低くするということは可能なのでしょうか?

みつゆきみどりの回答

大陰唇のたるみ、クリトリス包皮の伸び、クリトリスがむき出しの状態ということですね。
通常クリトリスの包皮が伸びてしまっているとクリトリスは隠れたままの状態でむき出しになっているということはありません。
伸びたら覆い隠せると思うので実際にどのような治療が適しているかというのは、診察させていただかなければ分からないのが正直なところです。
手術では余った皮を切除し縫合することになりますので、確実に傷跡が残ります。張りを持たせる治療であればサーミVAなどの高周波と外陰部のHIFUを組み合わせた治療などをする場合が多いです。
この他、大陰唇に脂肪を注入することでクリトリス本体への刺激を和らげるためのクッションが出来ますので違和感が解消する例もあります。
アトピーによる掻き壊しや、クリトリス包皮を他院で切り取り過ぎてしまった例などの治療はありますのでクリトリス本体への刺激を少なくする方法は状態によってはご提案できるかもしれません。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については 現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

関連する施術

大陰唇の施術について

大陰唇は、陰部の一番外側にあります。左右対象になっているのが特徴です。
アンダーヘアの処理や日常生活での下着のムレなどで気になるようになる黒ずみ。
そんな黒ずみの除去や他にもたるみの除去、ふっくらとさせるような手術もあります。
レーザーでの手術も可能です。

>詳しくはこちら

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

  |  

;