自分の膣の状態が悪化しているのではないか状態を診てほしいです(48歳)

ご相談内容

数年前から性交痛があり、最近パートナーにゆるみを指摘されました。自分の膣の状態がとても悪化しているのではないかと思い状態を診て頂きたいと思います。(48歳)

みつゆきみどりの回答

痛みとゆるみの両方がある場合、膣内のコラーゲン量が減少してきている可能性があります。膣内コラーゲンはエストロゲンの分泌量に大きく依存しますので、特に35歳を過ぎてから加速度的に減少してきますが、これは加齢による自然な変化です。更年期に入るとさらにコラーゲンが減少し、膣は萎縮する方向へ向かいますので年齢的にも膣内コラーゲンが減少することで潤いが少なくなっている可能性があります。診察により粘膜の厚みなどを診て良い治療法をご提案させて頂ければと思います。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については 現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

関連する施術

膣縮小の施術について

膣内は、子宮へとつながっていて外陰部へ開口しています。
膣は、月経の際に血が出る部分で出産の際に赤ちゃんが通る道です。
生まれつき膣の緩みが気になっている女性も少なくありません。
レーザーや注射による膣の引き締め手術を行って膣の収縮を行うことが出来ます。

>詳しくはこちら
感度アップ・性交痛の施術について

女性がオーガニズムを感じるためには、メンタル面もとても重要になってきます。
ハッキリとした原因を突き止めるのは簡単ではありませんが、婦人科的な問題で考えられることはクリトリス包皮が厚く刺激が伝わりづらい可能性や膣からくる可能性も高いです。
他にも女性がオーガニズムを感じるG—スポットが元々感じにくい人もいます。
こういった場合に除去手術や注射などで施術を行います。

>詳しくはこちら

関連するよくある質問


カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

  |  

お悩み相談
カンセリング予約

お悩み検索

メディア掲載
院長ブログ
みどり美容クリニック オフィシャルサイト
みつゆきみどりによる膣縮小・デリケートゾーン治療機器を徹底解説<
;