自分の膣の状態が悪化しているのではないか状態を診てほしいです(48歳)

ご相談内容

数年前から性交痛があり、最近パートナーにゆるみを指摘されました。自分の膣の状態がとても悪化しているのではないかと思い状態を診て頂きたいと思います。(48歳)

みつゆきみどりの回答

痛みとゆるみの両方がある場合、膣内のコラーゲン量が減少してきている可能性があります。膣内コラーゲンはエストロゲンの分泌量に大きく依存しますので、特に35歳を過ぎてから加速度的に減少してきますが、これは加齢による自然な変化です。更年期に入るとさらにコラーゲンが減少し、膣は萎縮する方向へ向かいますので年齢的にも膣内コラーゲンが減少することで潤いが少なくなっている可能性があります。診察により粘膜の厚みなどを診て良い治療法をご提案させて頂ければと思います。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については 現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

タグで検索

Q&Aを探す

女性の体のお悩みをトータルでご相談頂ける
治療を取り揃えております。
患者様ひとりひとりのお悩みや
体質により、最善の施術をご提案させていただきます。
当院は女性限定クリニックで、
完全個室対応となって おります。

デリケートゾーンのお悩みは
お気軽に相談してください。