外陰部がのび、少し黒ずみ、左右異なっています。縮小の手術を受けたときのデメリットには どのようなものがありますか。(20歳)

ご相談内容

外陰部がのび、少し黒ずみ、左右異なっています。 普通に立った時、はみ出る直前くらいで止まっていますが、 自転車に乗るときや、座った時、歩くときなど 気になってしまします。気にしすぎているのでしょうか。また、縮小の手術を受けたときのデメリットにはどのようなものがありますか?

みつゆきみどりの回答

小陰唇の違和感で縮小手術を受けられる方は多くいらっしゃいますが、リスクとしてやはり手術ですので出血や術後の感染(化膿すること)縫合不全(傷のくっつきが悪い事)など外科手術にともなう一定のリスクがあります。ごくわずかですが、遷延性の疼痛(痛みが長引く事)の可能性もゼロではありません。現在の違和感の程度と手術で得られるメリット、デメリットを踏まえてよく検討する必要がありますのでいきなり手術ではなくまずは専門のクリニックで診察、カウンセリングを十分に受けられることをお勧めします。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については 現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

タグで検索

Q&Aを探す

女性の体のお悩みをトータルでご相談頂ける
治療を取り揃えております。
患者様ひとりひとりのお悩みや
体質により、最善の施術をご提案させていただきます。
当院は女性限定クリニックで、
完全個室対応となって おります。

デリケートゾーンのお悩みは
お気軽に相談してください。