ビビーブとインティマレーザー、膣のトラブルにはどちらが最適ですか?/53歳

ご相談内容

膣のゆるみが気になっており、高周波による膣縮小「ビビーブ」を検討していましたが、インティマレーザーも気になっています。ゆるみだけでなく乾燥もあり性交痛も気になるのですが、どちらが向いていますか?

みつゆきみどりの回答

ビビーブは、その特性から閉経後の方への使用が出来ません。また、年齢的にまだ生理があったとしても膣内環境は弱っているかと思いますので、判断は診察によって粘膜の状態を確認させて頂いてからとなります。ですが、お話を聞く限りでは、ビビーブよりもインティマレーザーの方が適しているかもしれませんね。乾燥は1回の施術で治る方がほとんどですが、ゆるみは程度により複数回必要な場合もあります。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

みどり美容クリニック みつゆきみどりによる回答。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

関連する施術

膣縮小の施術について

膣内は、子宮へとつながっていて外陰部へ開口しています。
膣は、月経の際に血が出る部分で出産の際に赤ちゃんが通る道です。
生まれつき膣の緩みが気になっている女性も少なくありません。
レーザーや注射による膣の引き締め手術を行って膣の収縮を行うことが出来ます。

>詳しくはこちら
感度アップ・性交痛の施術について

女性がオーガニズムを感じるためには、メンタル面もとても重要になってきます。
ハッキリとした原因を突き止めるのは簡単ではありませんが、婦人科的な問題で考えられることはクリトリス包皮が厚く刺激が伝わりづらい可能性や膣からくる可能性も高いです。
他にも女性がオーガニズムを感じるG—スポットが元々感じにくい人もいます。
こういった場合に除去手術や注射などで施術を行います。

>詳しくはこちら

関連するよくある質問


カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

  |  

お悩み相談
カンセリング予約

お悩み検索

メディア掲載
院長ブログ
みどり美容クリニック オフィシャルサイト
みつゆきみどりによる膣縮小・デリケートゾーン治療機器を徹底解説<
;