アンダーヘアの自己処理の際に小陰唇がはみ出していて傷つけそうになってしまう

小陰唇がはみ出していて、自己処理の際に傷つけてしまいそうになるようでしたら、まず医療脱毛によってアンダーヘアの自己処理をしなくて良いようにすることと、小陰唇の縮小手術がお勧めです。医療脱毛でアンダーヘアを綺麗に整えると、やはり小陰唇の肥大は気になると思います。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

小陰唇について

sho1

大陰唇(陰部の外側の膨らみ部分)の内側にあるヒダを小陰唇と呼びます。尿道口と膣の両側にあるヒダでクリトリス(陰核)包皮からつながるようにして左右に分かれている場合もあります。尿道口や膣を保護する役目があります。
右のイラストが正常な女性器になります。

小陰唇を小さく(→小陰唇縮小手術)

sho2

小陰唇の大きさは人それぞれ異なりますので、どのくらいの大きさが標準という決まりはありません。しかし、小陰唇のヒダが大陰唇よりも大きくはみ出すような場合には細身のパンツを履いた際の違和感や、自転車に乗る際に痛みを感じるなど日常生活での不都合を感じる方も多くいらっしゃいます。

また、はみ出している部分が日常生活で少しずつ刺激を受けるために、元々の大きさよりも徐々に肥大化し伸びてしまったり、あるいは摩擦により黒ずみが徐々に強くなってくる原因となります。

不快感があるという理由で手術を受けられる方と、不快感はないものの昔より徐々に伸びてきてしまったという理由で手術を受けられる方といらっしゃいます。

小陰唇縮小手術の流れ

手術は局所麻酔で可能です。デリケートな部分ですので直接の注射が怖い方は静脈麻酔といって点滴でうとうと眠っている間に手術を受けることも可能です。この場合注射そのものの痛みも全く感じず、手術当日にご帰宅頂けます。

大きさにもよりますが、手術時間は30~40分程度です。

手術後は3,4日、生理のはじまり程度の血液が滲みますので、ナプキンを当てて頂きます。また、安静時の痛みはさほどありませんが、患部が擦れると痛みがあるために、生理用のショーツやガードルなどでナプキンがピタッと当たるようにかるく圧迫して頂くと比較的楽に過ごせます。

シャワーやウォシュレットは翌日から使用可能です。湯船につかるのは手術後1週間目から可能になります。

水分をふき取る際には患部を擦らないようにかるくタオルで押さえるように拭いてください。

溶ける糸を使用するために基本的には抜糸での通院の必要はありませんが、糸の結び目部分などが長く残る場合がありますので、手術から1ヶ月程度を目安に検診にご来院頂きます。この際に糸の残りがあれば抜糸を行います。

1ヶ月目の検診で問題がなければ性交渉が可能になります。

レーザーを用いた小陰唇縮小手術(DLV)

女性器専用レーザー「LaserProダイオード」で小陰唇を切開するために出血が殆どなく、手術後通常3,4日ある出血が翌日ごく少量みられるかどうかという程度で済みます。また、術後の局部のむくみも少なく術後の負担が軽く済みます。

現在クリトリス(陰核)包皮、副ヒダ縮小手術は一般的な美容外科で広く行われている手術ですが、このレーザーを用いたクリトリス(陰核)包皮、副ヒダ縮小を行うことが出来るのは日本で数名。アメリカビバリーヒルズの専門のトレーニングセンターでトレーニングを受け正式なライセンスを取得した医師のみが施術することが出来る特別な手術法です。

デリケートゾーンの脱毛

アンダーヘアは毛根が深く、自己処理を行ってもなかなか皮膚感が思ったようにならなかったり、色素沈着や毛嚢炎の原因になってしまう場合があります。医療脱毛はアメリカの厚生省にあたるFDAで永久的な効果があると認可を受けたダイオードレーザーを用いて、気になる部分を永久的に脱毛します。

薄くしたい場所、完全になくしてしまいたい場所など希望のデザインに合わせて照射を行っていきます。

デリケートゾーン脱毛の流れ

希望の部位を剃毛してきて頂きます。初めにテストレーザーを照射し、お肌の反応をチェックします。 痛みやお肌の状態が問題なければ本照射にはいります。

VIO全てを照射しても1時間かからない程度で終わります。痛みを心配される方が多いですが、最新のレーザーではヘッドに冷却機能が付いていることと、さらにご心配な方はアイシングを併用することで個人差はありますがかなり楽になります。毛周期に合わせて照射を行いますので、一度の施術で目に見えている毛が全てなくなるわけではありません。

1ヶ月から1ヶ月半置きに施術を繰り返すことで徐々に毛量が減っていきます。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

;