俗に言うモリマン(ドテ高)を治したい

恥骨部の膨らみは骨格的なものと脂肪による膨らみとが考えられます。
美容婦人科の治療では脂肪吸引を行うことで恥骨部の膨らみを平らにすることが可能です。

骨格により膨らみが目立つ場合の方でも皮下脂肪がゼロということはありませんので、脂肪タイプの方に比べて効果はやや劣りますが、今よりも恥骨部の膨らみを改善することが可能です。どの程度効果が見込めそうかはカウンセリングの際に皮下脂肪の厚みを診察させて頂いた上で判断可能です。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

恥骨部のふくらみを無くす(→恥骨部脂肪吸引)

俗にいうモリマンやドテ高と言われる状態ですが、脂肪が多くついている場合と骨格による場合とがあります。
脂肪による場合には脂肪吸引ですっきりとしますし、骨格による場合でも脂肪が全くついていないということはありませんので、脂肪吸引により多少すっきりさせることは可能です。

恥骨部脂肪吸引の流れ

手術は静脈麻酔を使用しますので、痛みは感じません。

鼠径部(太股の付け根)に3ミリ程度のカニューレ(管)を入れる場所を作り恥骨部にチューメッセント法で局所麻酔や止血剤を注入していきます。 次にベイザー波による体内式超音波で脂肪細胞を乳化させていきます。このことにより凹凸の予防や術後の負担を軽減させるだけでなく、従来の脂肪吸引よりもさらに多くの脂肪を除去することが可能です。乳化させて溶けた脂肪細胞をカニューレ(管)で吸い取ります。最後に3ミリの穴の部分を1針縫合して終了します。

手術時間は脂肪量によりますが、30分程度です。

カニューレの跡は初めは虫さされの跡のように見えますが、徐々に足の付け根のシワと同化してしまい目立たなくなります。

恥骨部はガードルなどでしっかりと圧迫をして頂きます。(お手洗いにいく際にはもちろんはずして構いません。)

7日目前後に抜糸を兼ねて検診にお越し頂きます。

大陰唇の方へ多少むくみが流れますが、2週間目ごろから効果を実感される方が多いです。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

;