加齢が原因で不感症になることはありますか?性交痛, 感度

ご相談内容

加齢が原因で不感症になることはありますか?性交痛, 感度

みつゆきみどりの回答

加齢と共に女性ホルモンの分泌が減少してきますので、不感症の理由の一つとして加齢は挙げられます。 更年期障害の治療などでホルモン補充療法を行うケースもありますが、単に不感症の治療としてホルモン補充をするというケースはあまり耳にしません。

メリット、デメリットをよく踏まえてかかりつけの医師とご相談されることをお勧めします。 美容婦人科では加齢によるホルモンの減少以外に、原因として考えられる加齢による筋力の低下、膣のゆるみに対する治療を行っております。膣の引き締めにより性生活での満足度は飛躍的に向上し、またG-スポットへの刺激も強くなります。

中にはG-スポットへのヒアルロン酸の注射のみを行い手術をせずに満足度が得られるケースもあります。

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

関連する施術


カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

カンセリング予約はこちらから

無料メール相談はこちらから

  |  

;